はじめまして、グリーンハウスへようこそ!!

こんにちわ。しばらく気候の良い季節です何か新しい事をはじめましょう・・・・・・・このページはヤフー知恵袋で専門家回答者として住宅関連の質問に1400件以上の回答をし1000件以上のベントアンサーを受けている建築士、福味健治のオフィシャルサイトです。

会社概要です作品集です出会いから完成までの流れです料金体系ご相談・ご質問はこちらメールマガジンの申し込みはこちら住まいメール講座の申し込みはこちら

古代地図と地震の関係
地震対策に最も有効な工法は?
免震構造と他の構造の比較
諸井浩三の新しい木構造

より安全に住まう為に

建築家の考えるエコハウス
光触媒ってナニ?
業者選び間違ってませんか?
秀光ビルドの家を調査しました

建築条件付宅地の弊害を考える
グリーンハウスの間取り集
 
非常識な家の建て方教えます
これを見ずに設計事務所を決めてはいけないリフォームの契約に御用心
住宅をローコストに仕上げるコツ
低価格住宅を次世代省エネ基準で
外張り断熱と屋上緑化
お金が無いのに注文住宅を?
ほんとに出来るか?600万円住宅とは?
ローコストに長期優良住宅を考える


長期優良住宅制度
知らないと損する住宅性能表示制度
住宅性能評価とは?
住宅性能保証とは?

初めまして^^自己紹介です
木造住宅って何年もつの??
住まいに思いを込める方法
間取りを考える時に始める事
伝統と流行
土地探しのコツ

耐震改修の勧め
安い家には二種類ある
古地図と地盤
吹抜けを作ると安くなる!?
Q値とUA値
値段の下げ方
住まいを再好築する
今さら聞けない耐震・制震・免震の違い

アフレッシュホームの勧め
田舎暮らしを始めよう!!
システマないキッチン !?
皆様からのお便り集
泉南市K邸がTVで放映されました
外住宅事情
建売住宅の間取りについて考える
a
取材・講演・執筆のご依頼はこちらから
住まいの情報センターの場所はこちら
ハービス大阪の場所はこちら
耐震相談ボランティア
耐震相談ボランティア募集中






読売新聞社主催マイベストプロ

グリーンハウスの編集後記

お悩み解決箱(別サイトに移行します)


NPO法人「日本住宅再生研究所」

  • 神戸市 S邸
  • 生駒市 K邸
  • 生駒市 K邸
  • 枚方市 K邸
  • 枚方市 K邸
  • 東大阪市 K邸
  • 富田林市 S邸
  • 豊中市 K邸

●地震予測ツール (JESEAのMEGA地震予測)
youtubeで存在を知り、試しに早速メルマガ登録したのが地震科学探査機構(JESEA)の発行する「MEGA地震予測」。
週単位でメルマガを発刊して、全国1300か所に配置してある電子基準点の水平・垂直方向の移動変異を週単位で公表しています。
変異の大きい場所では一週間で数センチ移動している事がザラにあるのは少々驚きでした。私は、本来基準点は移動しないものと思っていましたが、GPSの発達により近年移動する事が明らかになったそうです。
その変異を利用して、過去の地震の基準点の変異を検証して、今後発生するであろう地震を予測しようとするアプローチです。JESEAの主催者は東京大学名誉教授の村井俊治先生で土木工学・測量学の専門家です。
地震予知の専門家でない人が地震予知を行うのは非常にユニークです。言い換えれば、地震学者の地震予知精度が一向に向上しない裏返しでもあります。
その理由から地震学者や他の地震予知を模索する人からの批判も多く、ネット上では批判記事も多く見受けられます。

ただし誰もした事のないアプローチは試行する価値があると私は考えます。
メルマガでは概要と共に、変異のデータまで公表していますので、言葉の端々に囚われる事無く大雑把な概要を把握すれば、住んでいる地域が今どの様な状況にあるのか知る事が出来ます。
地震を正しく恐れ、正しく対処すれば生命維持・財産保全の一助になります。興味のある方は購読をお勧めします。

但し、地震の対処法までは書いていません。地震の対処方法は地震学者や地震研究者の研究対象外の話しです。地震の対処法は建築の専門家までご確認下さい。



●リビングは広ければ良いのでしょうか
リビングは何の為にあるのでしょう?巷に氾濫している間取り例を見ていると余程の事が無い限り、一階の多くの面積を占めています。理由は何でしょう。
平成の世になってから、リビングのあり方が変わってきています。リビングとは何をする場所なのでしょう。
元々のリビングを造る理由は家族が集う場所だったのですが、最近のリビングには人が居ません。夕食が終わると、各自に自室に篭ってしまいます。
子供が小さい頃は子供が親にまとわりつきますが、子供達同士で遊ぶ年頃になると徐々に親から離れていきます。最近は携帯電話やスマホの発達で、夜でもメールのやり取りが頻繁に行われ、情報伝達の域を超えてコミュニケーション構築の道具となっています。
情報機器の発達は在宅中の家族の行動に変化を与えます。構築したコミュニティーは非常にパーソナルであるため、リビングでやり取りするより、個室でやり取りする方が都合が良いのです。

建築主に依頼されて、プランする時要望をお聞きすると10人中8人までがリビングを広くと云います。極力意向には沿うのですが、物理的に広くしただけでは人は集まりません。リビングには家族がそこに集う必然性が必要です。若しくは個室の居心地がリビング程良くない工夫を作るべきかと考えます。

昔は親父が家族の求心力でした。親父を中心に家族が日々の出来事を語り合うのが居間でした。テレビの普及に伴い、テレビが家族の中心になりました。テレビから得る情報力は絶大です。その為家族間で見たい番組が異なりチャンネル権争いが生まれました。そんな騒動も現在では懐かしいものに変わっています。見たいテレビは今やスマホで見ることが出来ます。テレビも家族の求心力では無くなってきているのです。

貴方はリビングの中心に何を据えるべきと考えますか?ソファを置くだけでは家族は集まりません。


●新しい空間グルーミングルーム

この間取りは、キッチンを中心に据えて洗面所⇔グルーミングルームと回遊出来る様に配置しています。
グルーミングとは毛繕いの意味で、家族の下着や普段着をまとめてここに収納します。
勝手口を通して屋外に洗濯物が干せ、降雨時や花粉症の季節には屋内干しの場にもなります。干した衣類は針金ハンガーのままハンガーパイプに収納すれば衣類をたたむ手間が省けます。
家族がお風呂に入るとき、洗濯機の中へ汚れた衣類を入れます。入浴後グルーミングルームで着替えを行います。キッチンを核として 回遊出来る様になっていますので動線に無駄がありません。
グルーミングルームを設けると、普段の更衣をここで行いますので、衣類が散らからず洗濯物を集める事も容易に行えます。家事労働に時間を割く事が出来ない家庭に必要な空間です。


★家造りを誰に相談するのか
家造りを思い立って最初の壁が誰に家造りを依頼するかだと思います。建築関係に携わる人であれば、知り合いの専門家に相談されるでしょうが、そうでない人は誰に相談するかで悩みます。
そこで建築の専門家と呼ばれる職種を思い当たるまま列挙しますと・・・
①不動産屋
②工務店
③ハウスメーカー
④設計事務所
⑤マッチングサイト

★①不動産屋さんに相談すると・・・

建物も土地と同じ不動産ですから、建築の専門家と云えなくもないですが、基本的に不動産業と建築業は異なります。土地取引に関する事は不動産屋さんの独占的排他的専門職ですが、建物については取引の専門であっても基本的に建てる専門家ではありません。

多数の物件を手掛け数々の物件取引に携わっている点で、一般の人よりも専門色は強くなりますが、技術屋さんではありませんので建物に関しては知り合いの専門家を紹介する等々の話しに落ち着くのが常です。
ただ単に好意的に専門家を紹介してもらえるならそれもいいですが、大体において土地と共に建築請負にまで関与して、土地と建物一式で販売してくる傾向にあります。
一般に建築条件付土地と呼ばれるのがその方式です。土地取得から入居までワンストップでお手軽なのは、メリットのひとつですが、建築工事の監理者が不在な場合が多く、建築紛争の多くが建築条件付土地が原因となっています。
トラブル事例→→→→http://www.jin.ne.jp/oado/sippai.htm
不動産屋さんとの付き合いは建築条件の無い土地を紹介してもらうに留めておいた方がより自分らしい住まいを手に入れる道かと思います。

★②工務店さんに相談すると・・・

工務店さんは建築工事の専門家です。家造りには頼もしい存在です。ただし建築する事の専門家ではありますが、設計する事の専門家ではありません。工務店さんの本来の役目は、設計図書通りの性能の建物を誰よりも安く顧客に提供することにあります。
また、工務店さんの勧める工法や商品は、工務店にとって都合の良い工法や商品である事が多く、建築主にとって良いモノであるとは限りません。

「設計・施工」と云う看板を掲げ設計と施工を同時に請け負う工務店さんがおられますが、殆どが設計を下請けの設計事務所に外注します。下請けの設計事務所が作る設計図書は工務店にとって都合の良い工法や商品で構成されており、建築主の側に立った設計図書になっていない可能性があります。

★③ハウスメーカーに相談すると・・・

もっとも手軽に建物を手に入れる手段です。モデルルームを見て自分の欲しい家をイメージする事ができますし、暑さ寒さと云った性能面も体感することも可能です。
工事代金も素人でも分かり易い坪単価が設定されており、工事も工場生産された部品を組み立てる事により均質な性能を得る事が出来ます。

問題点は、均質性を目指すために没個性になりどの家も同じに見えてしまう事です。工場生産ラインに乗せる為間取りやデザインに制約が多く、100年持つ家と宣伝していても、家主が家に飽きてしまい、ローンが完済する頃には建て替えられてしまう運命にあります。ハウスメーカーの家は代々住み継がれると云った家造りには向きません。

★④設計事務所に相談すると・・・

設計事務所は実労としての工事には参加しません。建築主の要望を設計図書にまとめ工務店に正確に伝え、設計図書通りに建築工事が進んでいるか監理する事が仕事です。
その意味で建築主と同じ立場で建物を見ていますので、工法や商品を見る目線は建築主と共通しており、相談相手としては最も相応しい専門家です。

但し、設計事務所と一口に言ってもマンションやビルばかり設計している人や商店ばかり設計している人もおり、住宅設計に特化している専門家を探す事自体に大きな労力を要します。設計事務所は医院や法律事務所と同じで、チラシ広告を出して宣伝する事がありませんので、人目につき難く敷居が高いのが現状です。

★⑤マッチングサイトを利用すると・・・

インターネットで設計事務所等で検索しますと、設計事務所を紹介するマッチングサイトが目につきます。探している設計事務所が簡単に見つける事が出来ますし、大方のサイトには相談コーナーも併設されています。そこで気に入った設計事務所と相談すれば、建築主の要望を具体化してもらえます。
欠点は、マッチングサイトを運営する為のギャランティーが設計料に反映され割高になってしまう事です。またネット上のマッチングサイトですので、ネット上で綺麗に見える(プレゼンテーションの上手な)設計事務所に目が行き勝ちで、設計事務所の実力を正確に表現しているものではありません。

★あなた自身が主体性を持って
全ての相談相手に一長一短があり、家造りを考えている方の頭を悩ます結果となっていますが、まずはアクションを起こす事が大事です。
家造りの初めの一歩は、自分がどの様な家に住みたいのかを問い直す事です。誰がどの様な家を建てているかを探すのはその次です。自分がどの様な家に住みたいのかが判らないと、どの家も良く見えてしまい決断できなくなってしまいます。
その結果、押しの強い営業マンに押し切られたり、値引きやオマケに釣られて契約してみたりします。
その様な家に、末永く愛着を持って暮らす事ができるでしょうか。
まずは、自分がどの様な家に住みたいのかを突き詰めて考え、それを実現するには誰に依頼するのが良いのかを考える事でしょう。失敗しない家造りはあなた自身が主体性を持てるかにかかっています。

 

お問合せ

「週刊グリーンハウス」は(有)岡田一級建築士事務所の機関紙です。 このサイトの記事・写真・図面等の無断転写を禁じます                           ソフトボールのページ